医療機器の開発は喫緊な話題になる

医療機器は「医薬品医療機器等法」で定義されています。法律では、「医療機器」とは、人若しくは動物での疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、または人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(再生医療等製品を除く。)であって、政令で定めるものを言います。または、医療機器には、大きく分けると、三つがあります。それは治療機器、診断機器、その他と分類されています。現代の日本国内で少子高齢化がもう緊急な話題になりました。国民は安心して暮らせるために、健康して寿命を延るために、質の高い生活を実現できるために、新薬の開発や再生医療および先端技術を応用した医療機器の開発もとても必要があります。

ひどい高齢化社会で国民誰にも病気だけでなく、高齢階段に入るときに、できる限り質の高い療養生活を送れることを願っています。だからこそ、疾病予防、診断、治療に関することに国民の期待は大きくなります。国民の期待と高齢社会の現状から見るとを医療機器産業は国民社会生活を支える大きな柱の一つになります。

しかし、医療器械の開発はそんなに簡単なことではありません。医療機器は、さまざまな技術革新を基づいて、臨床の求めに対応して、開発した医療でとても重要な役割を担います。今後も最先端の医療が受けられる社会を実現していく決定的な条件と言えます。近年、そうした医療機器産業を育成するために、環境整備が急に発展しています。 具体的には、医療機器産業はこれまで国内経済と共に発展してきた、自動車産業、電気・機械関連産業などの産業分野と同じです。医療機器産業はアベノミクスの3本の矢の政策の一つとして成長戦略に位置付けられています。

以上のとおり、医療器械の開発は日本国民の健康・安心な生活ためだけでなく、日本国内経済の進展、国際地位の上昇などで重要な作用があります。だからこそ、医療機器の開発は喫緊な話題になる必要があります。